本物のリーダーシップ研修で会社を成長させる社員が育つ

トップページ > セミナー情報 > 中堅人材の 悩みを解決する 新年度直前集中講座 第五回 3月14日(水)

中堅人材の 悩みを解決する 新年度直前集中講座 第五回 3月14日(水)

Pocket

企業に働く中堅社員や中堅人材の方を対象にしたヒューマンスキル開発の集中講座第五回の開催案内です。
テーマ 中堅人材 自信を持つ
開催日時:3月14日(水)19時~21時
会場:  洋楽専科♪大人のボーカル倶楽部原宿教室
住所:  〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目23−13
           メイメゾン2C
参加費 ¥4,000(税込)
定員:各8名

第五回講座 中堅人材 自信を持つ

五回目の講座で取り上げるのが、自信を持つです。
自信とは、自分の能力や価値を確信していることです。
信念を持つこととも言えるでしょう。

日常のビジネスシーンでは、毎日色々な出来事に遭遇します。

例えば、
ビジネスプレゼンに臨んだが、目的としていた同意が得られなかった。
仕事のダメ出しを喰らい意気消沈してしまった。
自分でも弱みと認識していたところを上司から指摘されてしまった。
やらされ感が強く仕事に集中できない。
など、どれもエネルギーが下がります。

こういった日常を繰り返しをしているうちに
自信を失っていることが多々あります。
その状態は、本人よりも周りの人のほうがよくわかります。

では、どんな状態が理想でしょうか。
2月の平昌オリンピックでの
羽生結弦選手がフィギュアスケートで金メダルを獲得しました。
裏でどのようなことがおきていたのかたをみてみるとその姿が見えてきます。

66年ぶりの2連覇ですね。このストーリーが凄いことです。
(実は、ソチオリンピックで羽生選手が金メダルをとった場面を現地でみていました。)

羽生選手は、昨年右の足首の靭帯を損傷しました。
大怪我で選手生命も危ぶまれるほどのものでした。
その後3ヶ月間表には姿を現さず、大会にも出ずにカナダでリハビリをしていました。
オリンピックでジャンプを飛ぶことができるかどうかわからない中で恐怖と戦いながらも
ジャンプの感覚を忘れないためにこれまでのジャンプの映像を見ていました。

ジャンプの練習を再開したのがオリンピックの3週間前というのは周知のところです。
羽生選手は、ほかの誰よりも強くオリンピックで勝ちたいという気持ちをもっていました。
そのためにできることは、将来に問題が出るかもしれないが、
積極的に取り組んだのでした。

羽生選手はフリーの演技が終わった時に、前かがみをしながら「勝った」と叫んでいました。
この「勝った」というのは、他の選手に勝ったという意味ではなく、
「自分に勝った」という叫びだったのです。

もう一人、小平奈緒選手が500メートルのスピードスケートで金メダルをとりました。
レース後の小平選手のとった態度、次のレースのために静かにするように指を唇にあてたこと、そして二位の韓国の選手に近寄り抱きかかえながら言葉をかけたことは世界からも賞賛されました。

記者が「強敵に勝ってどうですか」という質問をしたとき、やや顔を曇らせ
「自分が敵です」と答えたのです。

羽生選手も小平選手も敵は自分の中にいるということを言ったのです。
その自分の中にいる敵に勝ったといったのです。

私たちは、とかく何かがあると周りのせいにしたり周りを責めたりします。
そうすることで自分自身と向き合うのをやめ曖昧にしてしまいます。

羽生選手にとっても小平選手にとっても競争相手の選手は自分を高め、心から尊敬する仲間なのです。起きたことに対し相手や環境のせいには決してしていないのです。
二人には、確固たる信念を見ることができます。
言葉、表情態度からも揺るぎない自信が感じられます。

この講座では、自信を持つということがどういうことなのか、
羽生選手,小平選手アスリートをひとつのお手本にしながら
私たちができることを見つけていきます。
それぞれのコーチが二人に対してとったアプローチも一緒に学んでいきます。

1.オープニング
2.自信を持つとはどういうことか
3.羽生選手、小平選手他から学ぶ
4.自分の信念や価値観何か
5.自信をもって仕事に取り組む
6.講座での気づき

お申込み・お問い合わせは次のとおりです。
TEL  03-3207-9011
携帯 080-6728-1950
URL申込  中堅人材 自信を持つ
E-mail info@soleadership.com

『第五回講座 中堅人材 自信を持つ』と
お名前、連絡先をお知らせください。
参加費は当日お支払いいただきます。

集中講座全般について

この集中講座では、中堅社員や中堅人材が直面する新しい課題や問題について、最新の行動科学や脳科学をバックグラウンドにして客観的に理解します。
客観的な視点で自己分析しながら、新しい目標設定や良好な対人関係のつくり方などを学んでいきます。

中堅社員・中堅人材とは、企業によって定義はさまざまです。
ここでは実務経験を積みながら
・一人であるいはチームの中心として仕事を遂行
・入社8~12年前後の社員・従業員
・専門知識も豊富
・次期リーダー候補
・管理者(職)候補
また、各企業が独自に定義した中堅人材(例:3年以上の実務経験者)の方も対象になります。

中堅社員と言われている方たちがもつ課題は、
・チームをリードする役割への変化
・上司やメンバーとのコミュニケーションの広がり
・部下・メンバーの指導育成
・職場・風土づくりへの貢献
・自分自身のキャリアの選択 などであります。
言い換えると、メンバーとしての役割からのリーダーとしての
役割への大きな変化の中に入ることになります。
リーダーとしての役割が期待されると同時に、
その期待がプレッシャーとなっておしかかってきます。

この集中講座で学ぶと、中堅人材が直面するこのプレッシャーに押し潰されることなく、プレッシャーをいい意味での緊張感として捉えて前に進むことができるようになります。

各講座の開催日程とタイトルです。
2月28日(水)19時~21時 中堅人材 現在の立ち位置を見極める 
3月5日 (月)19時~21時 中堅人材 向かう目標を定める 
3月7日 (水)19時~21時 中堅人材 全ては相互理解から始まる
3月12日(月)19時~21時 中堅人材 内面のエンジンに火を点ける
3月14日(水)19時~21時 中堅人材 自信を持つ
3月19日(月)19時~21時 中堅人材 チーム力を活かす
3月26日(月)19時~21時 中堅人材 指導、育成する
3月28日(水)19時~21時 中堅人材 日々の実践計画を立てる

参加費 ¥4,000(税込) 定員:各8名
全講座どの講座からも参加可能です。
4講座参加されると5講座目以降の参加費が2,000円になります。
全8講座参加の場合はさらに最終回無料の特典が付きます。

お申込み・お問い合わせは次のとおりです。
TEL  03-3207-9011
携帯 080-6728-1950
URL 中堅人材 自信を持つ
E-mail info@soleadership.com

▲ PAGE TOP